第44回 神戸ファッションコンテスト2017

11. Odd Beauty / Sho TAKEMURA


[Designer]
Sho TAKEMURA / student
[Theme]
Odd Beauty
[Concept]
The motif is the expression of the twisted body.
The inspiration is the skill of SURREALISM.
Through impractical and strange, I utilize beautiful and artistic expression for my fashion idea.
Using the knit of the run and the leather, the irregular and twisted silhouette is produced by the extremes of the soft and hardness. Strange and elegant style is produced by the damaged material the elegant design.

11. 奇妙な美 / 竹村翔

[デザイナー]
竹村 翔(たけむら しょう)/学生
[テーマ]
奇妙な美
[コンセプト]
人体の歪んだ表現をモチーフとするシュルレアリスムからのインスピレーション。
非現実的で奇妙だが、美しい表現をファッションに落とし込む。
伝線した天竺と分厚いレザーを使用し、柔らかさと硬さの両極端を組み合わせることにより、
不規則で歪んだシルエットに。
ダメージ感のある素材により、奇妙だが美しいスタイルに表現。

10. BLACK HOLE / Takuya SUEMOTO


[Designer]
Takuya SUEMOTO / student
[Theme]
BLACK HOLE
[Concept]
Ultra-high destiny. Super gravity. Heavenly body where everything is swallowed “Black hole”. This overwhelming is a source of my creation. This heavenly body distorts light, and has the feature in which all materials are swallowed.
I got an inspiration from this feature, and researched “Pattern where it disappeared”.
The detail is composed based on it. Clothes are stabled as existence of unique by making super peculiar existence clothes and those who see are overwhelmed.

10. BLACK HOLE / 末本拓弥


[デザイナー]
末本 拓弥(すえもと たくや)/学生
[テーマ]
BLACK HOLE
[コンセプト]
超高密度、超重力、全てを呑み込む天体「ブラックホール」
この圧倒的存在がクリエーションの根源である。
周囲は光すらねじ曲げ、全ての物体を呑み込むという特徴をインスピレーションに消えていくパターンを研究。それをもとにディテールを構成。表現。
超特異的存在を服に落とし込むことで、唯一無二の存在として確立し、見るものを圧倒する。

09. Double helix structure / Yusuke SATO


[Designer]
Yusuke SATO / student
[Theme]
Double helix structure
[Concept]
I have studied about the structural form by the torsion because the structure of DNA “Double helix structure” made a deep impression on me.
Therefore, I deformed it by using a sort of braided cord “scoubidou”.
Braiding flat grosgrain tapes, it made a structural impression like a DNA and a spiral staircase.
Using the flowing from the torsion, I make an oddly and delicate shape.

09. 二重螺旋構造 / 佐藤雄介


[デザイナー]
佐藤 雄介(さとう ゆうすけ)/学生
[テーマ]
二重螺旋構造
[コンセプト]
DNAの構造である「ニ重螺旋構造」に魅了され、ねじりによって構成されるフォルムを研究した。
そこで、組み紐の一種である「スクービードゥ」を用いてニ重螺旋構造をデフォルメ化、平面上のグログランテープを編む事で、DNAや螺旋階段のような構築的な印象に。
ねじりから生み出される龍道灌を利用し、奇妙かつ繊細なフォルムを形成する。

08. Phase Transition / Kotaro SAKAI


[Designer]
Kotaro SAKAI / student
[Theme]
Phase Transition
[Concept]
Focusing on the process of substance “GAS-Solid-Liquid”, I express in clothes “melting” ”sublimation” ”vaporization” and so on to create a new plastic from and fluid silhouette.
In addition, sublimation” inspires me to create new material with fiber optic by Japanese traditional braiding technique.
It makes my work more modern and original.
From line to surface, from surface to line, my works will contain the strength and the lightness from an optic and structural point of view.

08. 相転移 / 境康太郎


[デザイナー]
境 康太郎(さかい こうたろう)/学生
[テーマ]
相転移
[コンセプト]
気体-固体-液体へと物質が変化する過程に着目し、融解、昇華、気化などの変化を服で表現することにより、独特な造形的なフォルム、流動的なシルエットを展開。また、日本の伝統的な編み技術を参考に、光ファイバーといった素材を使うことによって独特の現代的な作品に表現している。線から面、面から線へと視覚的、構造的視点から強さと軽さを兼ね備えた作品に仕上がっている。

07. optical illusion ~Draping approach to illusion~ / Akihiro KONDO


[Designer]
Akihiro KONDO / student
[Theme]
optical illusion ~Draping approach to illusion~
[Concept]
Dress, made with one pattern.
This design introduces the method and technique of Escher’s “Trompe-l’oeil”, which is commonly used in Surrealism.
The new form, away from idea of separating front and back body, is designed by using optical illusion.
It gives feeling of wonder like Escher’s illusionism, and enables to formulate clothes from visual side.

07. optical illusion~錯覚的アプローチによるドレーピング~ / 近藤晃裕


[デザイナー]
近藤 晃裕(こんどう あきひろ)/学生
[テーマ]
optical illusion ~錯覚的アプローチによるドレーピング~
[コンセプト]
一枚のパターンから描かれる衣服。
シュルレアリスムにおいて用いられたトロンプ・ルイユ「エッシャーのだまし絵」の手法を技法として取り入れデザイン。
衣服をデザインする上で前身頃、後身頃と分ける考えから外れ、錯視を利用する事で描かれる新しいフォルムを提案し、エッシャーの絵のような不思議さを与える事で視覚の面から衣服を構築する。

06. Possibility of one pattern / Akira KUWABARA


[Designer]
Akira KUWABARA / student
[Theme]
Possibility of one pattern
[Concept]
I express a succession of the one pattern and new form by layers of one pattern.
The form is simple however, the succession shows a design.
In general, people can be fascinated by the form of the succession.
Based on one pattern, I express the succession of one pattern, furthermore I pursue the possibility of one pattern.

06. 1つのパターンの可能性 / 桑原啓


[デザイナー]
桑原 啓(くわばら あきら)/学生
[テーマ]
1つのパターンの可能性
[コンセプト]
1つのパターンを連ねることによりうまれる連続性と新しいフォルムを表現。
単体を見ると単純な形であっても、その連続性にはデザイン性が現れる。
人は綺麗に連続した形に美しさを感じ、魅了される。
1つのパターンという視点から、連続した衣服を表現し、パターンの可能性を追求する。

05. Flowing Liquid Magnet / Shohei KINOSHITA


[Designer]
Shohei KINOSHITA / student
[Theme]
Flowing Liquid Magnet
[Concept]
By using the magnet power, the liquid of magnet it look likes the swirl, also can be seen as one’s with its life is moving by itself.
The flowing and the sharp from link us to the one’s which coming from the other planet, and we human beings have never seen before.
I put that lively ART on my works: Flowing Liquid Magnet.

05. 流動する磁性流体 / 木下翔平


[デザイナー]
木下 翔平(きのした しょうへい)/学生
[テーマ]
流動する磁性流体
[コンセプト]
液体磁石に磁力を加えることで渦を巻くように動き出す磁性流体。
磁力のかけ具合でトゲトゲしいフォルムや流動的なフォルムに変化する姿は、一つの生命のようでもある。
そんな神秘的な生きたアートを服に落とし込む。

04. Expression / Manami KAWAMURA


[Designer]
Manami KAWAMURA / employee
[Theme]
Expression
[Concept]
I put expression into the clothes like there are various expressions on each person.
The clothes which change an expression by a person wearing it.
The clothes which have another expression by dressing down the original expression the material has essentially.
The clothes which have a new expression by a special pattern and sewing.
I keep on approaching an expression the clothes have essentially and creating its new one.

04. 表情 / 河村愛美


[デザイナー]
河村 愛美(かわむら まなみ)/社会人
[テーマ]
表情
[コンセプト]
人間に表情が存在する様に、洋服で表情を表現する。
「サイズ感による表情」着る人によって表情が変わる服
「素材感による表情」素材のもつ本来の表情、加工を加えることによるもう1つの表情
「ディテール・パターンによる表情」縫製仕様、パターンメイキングによるアイテムの新しい表情
洋服がもつ表情にアプローチする。
洋服に表情をクリエーションする。

03. EXPANDING / Keita EBIHARA


[Designer]
Keita EBIHARA / freelance
[Theme]
EXPANDING
[Concept]
Scientific advance made it hard to define the border of human beings.
Mechanical organs, electronic brain or clone, what is taboo and what it not?
I assume that human has already recognized of being FYBORG, animal supplemented the function with the technology, so called functional cyborg, and expand human by regarding fashion as the extension of a body and spirit.

03. EXPANDING / 海老原佳太


[デザイナー]
海老原 佳太(えびはら けいた)/フリー
[テーマ]
EXPANDING
[コンセプト]
科学的に進歩した今、「ヒト」の境界線は曖昧になっている。
人口臓器、電脳化、クローン、どこからがタブーなのだろうか。
人は既にFYBORG(テクノロジーによって機能を補足された生物、即ち機能的サイボーグ)であると認識し、ファッションを人体や精神の延長と捉えることで、「ヒト」を拡張していく。

02. Shadow / Kazuaki ISHIKAWA


[Designer]
Kazuaki ISHIKAWA / student
[Theme]
Shadow
[Concept]
Shadow puppet “Wayang Kulit”, ornamented with openwork.
Monsters lurk in the shadows, for example “Alien”.
I express the pattern of “Wayang Kulit” by cutting out and assembling “the shading film”.
The appearance to which the shadow greatly extends is expressed by combining “the coil” with the knit.

02. 影の揺らぎ / 石川和明


[デザイナー]
石川 和明(いしかわ かずあき)
[テーマ]
影の揺らぎ
[コンセプト]
繊細な文様が透かし彫りされたインドネシアの影絵人形“ワヤン・クリ”。
影に潜み、獲物を狙う禍々しいモンスター。
この2つを影の特性である巨大化、歪み、揺らぎを踏まえ表現する。
コイルを巻きつけた生地の伸縮性で、揺らぎと歪みを、遮光フィルムをワヤン・クリを模してカッティングし、組み立てる事によって、揺らぎと歪みを表現する。


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る