第45回 神戸ファッションコンテスト2018

ノッティンガムからの留学レポート【2013年度受賞 佐藤さん】

KFC2013で受賞し、今年の5月からイギリスのノッティンガム校へ留学したばかりの佐藤美菜さんから留学生レポートをいただきました!寮や語学学校について、詳しい情報をいただきました。

********************************************************

Nottingham Trentに留学させていただいている佐藤美菜です。初めてのレポートを書かせていただきます、読みにくい部分が多々あるかと思いますがよろしくお願いします。

イギリスに来て2ヶ月が経ちました。コーディネーターさんや周りの人に助けられて、とても順調な生活を送れています。今回のレポートでは、留学を考えている方達に向けて、学校のことや生活面のことを書かせていただこうかと思います。

まず、家についてですが、最初の1ヶ月半はホームステイ、6月の終わりから9月の頭まで学校の寮、現在通っている語学コースが終わる9月からの1年間はクラスメイトの台湾人の友人とフラットシェアに住む予定です。

寮は、住んで本当に良かったと思っています。

Nottinghamは語学コースの生徒用に20週、15週、10週、5週用の短期の寮契約を用意しています。 

メリットは
・寮は友人を作りやすい。
・学校から近い。
・頼れる人が近くにいる(友人や寮スタッフ)
・語学コース終了後に延長手続きも可能(ただし部屋は違う場所になるので移らないといけない)。
・語学コースに通っているクラスメイトのほとんどが9月からの家を一緒に探すので、家探しの情報量が凄く多い。(特にNottinghamには中国人がたくさんいるので、中国人の子達の情報量は本当に凄いです。この地域は日本人はほとんどいないですし、日本ではあまり有名な地域でもないので、ネットの情報も少なく、1人で探すのは難しいと思うので、クラスメイトや寮のフラットメイトに情報を貰うのが1番良いと思います。)

デメリットは、フラットメイトが片付けできない子だと、キッチン等の共有スペースが悲惨なことになるかと思います。私は運よく、女の子しかいないフラットで、みんな綺麗好きなのでとても快適でした。友達のフラットは悲惨なくらい汚いので、本当にフラット次第だと思います。

次に語学コースについてですが、私は現在、Nottingham Trent Universityの15週のPEAPという語学コースに週5日で9‐15時で通っています。

授業はグループワークが基本になっているので、友達が簡単に作りやすい環境になっています。課題をこなすためにクラスメイトの家に行ったり、カフェに行ったり…と頻繁に一緒に行動するので、クラス全体がとても仲が良いです。
学校生活は英語の勉強は大変ですが、とても楽しいです。

デザインのクラスはまだ始まっていないのでファッションから少し離れてしまっているのですが、先月、去年の受賞者の大野さん、竹村さん、富原さんの卒業コレクションを見てきました。

先輩たちの作品は、コンセプトとかアイデンティティが凄く強くて本当にかっこいいコレクションでした。日頃からとても努力されている方たちで、それぞれの先輩がファッションに対して強い意識だとかこだわりを持っていらっしゃって、それがコレクションのデザインやディティールに顕著に現れていました。KOBEの先輩達は本当に意識が高い人達でとても尊敬しています。自分も先輩たちのように1年間通して良いクリエイションが出来るように頑張りたいと思います。

最後に、

そろそろ2014年度のKOBEの入選者が決まる頃かと思います。12月の審査会に向けて頑張ってください、来年、KOBEの受賞者の方とイギリスで会えるのを楽しみにしています。
********************************************************
レポートとあわせて、グループワークの写真、学校の写真、図書館の写真を送っていただきました。本科の前の語学学校で、楽しく頑張っていらっしゃるご様子が伝わってきました。
フラットシェアは同居人によって運命が左右されるといっても過言ではないので、今後留学される方はぜひ慎重に選ぶことをおすすめします。

佐藤さんも書いてくださいましたが、応募書類は今週金曜日、7月18日が提出期限となっております!書類を出し忘れている方はいらっしゃいませんか?郵送前に一度提出物をご確認ください。ご不明な点がございましたら、サイト内の「お問い合わせ」をご参照のうえ、いつでもお気軽にご連絡ください。

たくさんのご応募をお待ちしております!!!

Comments are closed.


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る