第44回 神戸ファッションコンテスト2017

最終審査会ご観覧 定員に達しました!!

最終審査会まであと10日を切り、なにかとバタバタしております。
入選者の皆様もきっと最後の追い込みをかけていらっしゃる頃でしょうか?

さて、最終審査会&特別講演会ご観覧にたくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。
ありがたいことに、応募数が既定の人数に達しました!
先日入場ハガキを発送いたしましたので、当日必ずお持ちください。
当日は満席となりますので、なるべく早く受付にお越しいただきますようご協力を宜しくお願い致します。
観覧応募し忘れた方がいらっしゃいましたら、当日受付を行う予定ですので、立ち見でも構わない!という方は直接会場までお越しください。当日の状況により、ある程度お席をご用意できるかと存じます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

エントリー#20 吉岡 恵里 / Eri YOSHIOKA

[デザイナー]
吉岡 恵里(よしおか えり)/ フリー
[テーマ]
KOUSHI is FREE
[コンセプト]
縦へ横へときれいに並ぶ格子模様。
それはとても平面的で規則正しく整列している印象がある。
その格子模様が自由に動けることができたらどのような形へと変化していくのだろう。
型にはまらない
常識にとらわれない
自由な思いでこんな風になったらあんな風になったらと自分の描いた理想や空想を表現しました。

[Designer]
Eri YOSHIOKA / freelance
[Theme]
KOUSHI is FREE
[Concept]
A lattice pattern aligns finely in all directions.
It has aligned very superficially and regularly.
If a lattice pattern can be moved freely, how does it change?
Unconventional,
Out of the box,
The ideal and fancy which it drew were expressed by the free thought.

エントリー#19 山中 洋輔 / Yosuke YAMANAKA

[デザイナー]
山中 洋輔(やまなか ようすけ)/ 学生
[テーマ]
放物線の軌跡
[コンセプト]
未来派の画家ジャコモバッラの「鎖につながれた犬のダイナミズム」から着想を得ました。首、袖、ウエストなど、洋服をつくる際に要となってくる線を連続させることで生まれたデザインです。線の連続と、生地のグラデーションによって生まれる洗練された美しさを目指します。

[Designer]
Yosuke YAMANAKA / student
[Theme]
Parabolic locus
[Concept]
I got inspired by Giacomo Balla’s work “Dynamism of a dog on Leash”.
It was designed by accompanying the lines like neck, sleeves, and waists, which make important roles on creating clothes.
The continuous lines and the cloth of gradation will make you associate with elegance.

エントリー#18 Masahiko MIURA / 三浦 誠彦

[デザイナー]
三浦 誠彦(みうら まさひこ)/ 社会人
[テーマ]
ヒフ
[コンセプト]
美を追求することは若さを手に入れるということではない。老化ほど神秘的な自然現象が他にあるだろうか。老化に着目し、独特な動きを持つ皮膚に着想を得、そして皮膚に似た特徴を持つデニムに惹かれた。デニムも時間が経つにつれ変色やシワが生まれそれはもう皮膚のように…動体パターンとオリジナル素材で生きる強さと老いてゆく儚さを表現。

[Designer]
Masahiko MIURA / employee
[Theme]
The Skin
[Concept]
The pursuit of “Beauty” is not the same thing as the attempt to recapture youth. Indeed, is there anything quite so mystical and natural as aging? With aging as my focus I was inspired by the unique movement of skin and drawn to denim that has skin-like attributes : Over time denim changes color and develops wrinkles as skin does. With a pattern fitted for a moving body and original textiles I express the strength of life as well as the ephemeral qualities.

エントリー#17 星野 明音 / Akane HOSHINO

[デザイナー]
星野 明音(ほしの あかね)/ フリー
[テーマ]
朽ちる
[コンセプト]
廃墟が自然に溶け込んだ風景は、哀愁がただようが、どこか美しさも感じさせる。それは、“作為のなさ”が生じるからである。視覚的な美しさだけでなく、時の流れや敬意、愛着といった感情が生まれてくる。
造られて、廃れるのは自然の摂理であり、それは語る言葉もなく、ただ、美しい。
今回のテーマである、「あなたの思うエレガンス」を踏まえ、「朽ちる」という自分なりのテーマを掲げ、制作する。

[Designer]
Akane HOSHINO / freelance
[Theme]
Weathering
[Concept]
Weathering is a theme in this art. I produced it based on this year Kobe fashion contest’s theme: elegance which I portray.
There is sorrow in places that people have gone to and no one pays attentions to.
It is plaintive; however, scenery that adapts the ruins makes us feel it is beautiful, since there is “no artificiality”.
It is not mere beauty, but the march of time, human actives, and respect to those things and a feeling such as an attachment to them are born. There is no word to speak about the nature that things are produced out of use. However, it is simply “beautiful”. And it has attractions beyond the “beauty”.

エントリー#16 日野 美穂 / Miho HINO

[デザイナー]
日野 美穂(ひの みほ)/ フリー
[テーマ]
結婚、捧げること、小説、「私の男」を読んで
[コンセプト]
女の人が結婚することは、相手の男性と結婚するというだけではなく宇宙と結婚することになるのではと考えていました。男性に身を捧げるということは宇宙をまわしていくことにもつながっていく、そんなことを考えながら、過ごしている時、小説、桜庭一樹著「私の男」を読んでつながった部分がありました。それを絵や柄に服にしようと思いました。(私の男は父と娘の禁断の愛を書いたものです。)

[Designer]
Miho HINO / freelance
[Theme]
That marriage, Sacrifice, read “my man” novel
[Concept] 
That woman is that marriage is not only to marry a male partner. It is also meant to marry the universe. Decided to go by circulating cycle of the universe, that woman would devote himself to the man will lead.
At that time, there was a part that leads to the idea to read the novel “my man”Sakuraba Kazuki Auther. I thought that it was to handle pictures and the images overlap, trying to make clothes. (This novel is what you wrote the forbidden love of father and daughter.)

エントリー#15 西田 圭佑 / Keisuke NISHIDA

[デザイナー]
西田 圭佑(にしだ けいすけ)/学生
[テーマ]
生きること
[コンセプト]
服をつかってエレガンスを表現しようとするには、身近なものを表現するべきであると私は考えました。私が最も身近に美しさを感じること、それは「生きること」です。生き物の命を食べ、呼吸をし、植物や動物の命を服として着ている私達。様々な生命に助けられ生きていることをもう一度考え、見直すきっかけとなればいいなと思います。

[Designer]
Keisuke NISHIDA / student
[Theme]
To live
[Concept] 
I thought that it should be a familiar theme to theme to portray elegance with clothes. The most familiar elegance that I think about is “to live”. The people eat the life of animals and breathe by the power of the plant and wear the life of a plant and the animal as clothes.
I want to give an opportunity to have rethink about the people being helped for various life and living.

エントリー#14 西 麻衣 / Mai NISHI

[デザイナー]
西 麻衣(にし まい)/ 学生
[テーマ]
change of straight line
[コンセプト]
私たちの身体は、服を着ます。服は時代と社会の要求によってファッションとなり、ファッションとは、表層としての虚構の身体についての物語ではないでしょうか?かつて中世において、異端を表象する悪魔の模様であった縞模様に着目し、ニットを使って、歪曲した直線を有機的なフォルムで表現し、フランシス・ベーコンの人間を思い起こさせるような、「動き」と「身体」の表現を試みる。

[Designer]
Mai NISHI / student
[Theme]
change of straight line
[Concept] 
The concept is studies of figure of Francis Bacon and stripe patterns of middle ages.
In Francis Bacon’s art there is some Furious movement that simulating to the human soul, which gives his work a striking intensity and in the mid-century the stripe pattern was considered as deviant pattern of the devils.
By using the knit textiles and mixing those two essences into it I wanted to express the distorted lines and psychological and physical motion of human.

エントリー#13 長井 隼斗 / Hayato NAGAI

[デザイナー]
長井 隼斗(ながい はやと)/ 学生
[テーマ]
ROOTS
[コンセプト]
日々生活する中で触れるモノにはルーツ:起源がある。ある1点から始まりそれは時間と共に分岐していく。現在目に見える姿はその過程を経た結果である。この服は一体どんな時間を経て出来たんだろうか、と想像したくなるモノをつくりたいと思い、ハンドニットとドロンワークで表現した。

[Designer]
Hayato NAGAI / student
[Theme]
ROOTS
[Concept] 
To represent what let people imagine how this garment created, I chose hand-knit and drawnwork. Everything we see have their own roots that are spread from a point. These are just results but we can feel passage of time.

エントリー#12 塚原 達也 / Tatsuya TSUKAHARA

[デザイナー]
塚原 達也(つかはら たつや)/ フリー
[テーマ]
彩色写真 ~よみがえる100年前の日本~
[コンセプト]
温故知新
伝統文化を知り現代によみがえる繊細かつ現代的で
美しい neo-Japanese Fashion として世界に発信する。
「古きをたずね新しい“日本の洋服”を創る」

[Designer]
Tatsuya TSUKAHARA / freelance
[Theme]
color coating photograph
[Concept]
Cherishing old wearing, acquiring new
it redefines as a delicate and beautiful
neo-Japanese Fashion which gets to know traditional
culture and revives now.
「Ancient times are got to know and new
“Japanese clothes”are made.」

エントリー#11 陳 傑 / Jie CHEN

[デザイナー]
陳 傑(ちん けつ)/ 学生
[テーマ]
私の思うエレガンス
[コンセプト]
現代のエレガンスは、従来のイメージに加え伝統を踏まえ、しかも近い未来を予感させることが必要です。自分自身と周りの人を心地良くさせる魅力を持ち、物の考え方、生き方などライフスタイル全てに及ぶものだと考えます。
現代人のエレガンスは「クォリティ オブ ライフ」と言う言葉に要約されると思います。今回その思いをこめて作品を製作しました。

[Designer]
Jie CHEN / student
[Theme]
Elegance
[Concept]
The elegance today should reflect fashion of the times and expect the fashion tomorrow.
The elegance should have glamor that can make the wearers and the people around them happy. In addition, the elegance includes the style and the attitudes about people`s lives.
The elegance can be summarized in the words “quality of life”.
My works are based on the above-mentioned concept.

エントリー#10 椎尾 絵里子 / Eriko SHIIO

[デザイナー]
椎尾 絵里子(しいお えりこ)/ 学生
[テーマ]
Carpe Diem
[コンセプト]
私にとってのエレガンスとは、反骨精神です。紀元前1世紀の古代ローマ人の詩人であるホラティウスは、Carpe Diem「その日の芽をつめ」という言葉を使い、今この瞬間を楽しめ!と訴えました。Carpe Diemは美術様式にも影響を与えました。限られた時間を意識するためにガイコツをモチーフとした絵画が多く描かれ、その精神は現代にも伝わっています。
私は2000年以上前に生まれたこの言葉が現代にも残っているという言葉の強さに惹かれ、周りを気にして明日や、数年後のために今日を生きるのではなく、今この瞬間を楽しんでいる強い女性こそがエレガントだと感じました。そして、そのエレガンスを表現するには、非常に強い反骨精神が必要だと思いました。

[Designer]
Eriko SHIIO / student
[Theme]
Carpe Diem
[Concept]
For me, the elegance is a rebellious spirit. Ancient roman poet Horatius said ‘Carpe Diem’ in his poem, Its meaning Seize the day. Carpe Diem has also affected the style of the art. Paintings the motif skull shows us the limited time.
I was attracted to the strength of the word which was born more than 2000 years ago, and that still remain in the modern world. I felt the woman enjoying a moment on her day is most elegant. And I thought that I need very strong rebellious spirit for represent the elegance on my clothes.

エントリー#9 粂原 翼 / Tsubasa KUMEHARA

[デザイナー]
粂原 翼(くめはら つばさ)/ フリー
[テーマ]
錯視
[コンセプト]
錯視やトリックアートのように白黒の図形が動いているように見える錯覚をイメージしました。リバーシブル生地を交互に折る事で立体的な市松模様になり、それを解くと形が徐々に変化をして、平面的な縞模様に戻っていく構造です。体に合わせてサイズと立体感を調整できる作品です。

[Designer]
Tsubasa KUMEHARA / freelance
[Theme]
Optical illusion
[Concept]
This work is image of monochrome a figure.
The figure seems to move.
Reversible cloth is fold by turns.
It will become a stripe if a form is changed.
This size and form can change to fit a body.

エントリー#8 金 美玲 / Meiling JIN

[デザイナー]
金 美玲(きん びれい)/ 学生
[テーマ]
Wogue
[コンセプト]
Wogueとは、「Woven Vogue」の省略語である。
クラシックなスタイルに新たなディテールとリズムを与える。日常の編み物からインスピレーションを得た作品。機械編みではなく、手編みを中心に、スパンコールとリブ、ハンドメイドしたフリンジ、シフォン等素材を組み合わせ、ユニークなディテールを生み出してモダンなエレガンスを表現。

[Designer]
Meiling JIN / student
[Theme]
Wogue
[Concept]
Wogue—–Woven Vogue
The collection is inspired by woven fabric with classic styles to present modern elegance, which combines some delicate details like woven sequins, self-made fringe, rib and other trims.

エントリー#7 加納 明日香 / Asuka KANO

[デザイナー]
加納 明日香(かのう あすか)/ 学生
[テーマ]
ひらがなを着る
[コンセプト]
ひらがな特有の柔らかなフォルムは、日本の女性の淑やかな美しさに通じると思い、そのエレガンスを衣服として表現したいと思いました。また、物を美しくたたんで収める過程を優雅で魅力的に感じ、扇子や屏風をモチーフに、ひらがなのフォントを重ねたレース模様を折りたたみました。そして、女性の身体にひらがなの曲線を描くように沿わせました。

[Designer]
Asuka KANO / student
[Theme]
A hiragana is worn.
[Concept]
The rounded shapes and curved lines, one of the characteristics of hiragana script, can be associated with beauty of Japanese woman’s elegant modesty. I tried to express its elegance as clothes. Also, I was motivated by aesthetic appeal of the way how folding fans and folding screens can be beautifully folded and put away. Therefore, I made dresses in the theme of folding fans and folding screens stitching a lace with piles of hiragana scripts. These pleats are spread along a woman’s body windingly like hiragana.

エントリー#6 金谷 彩月 / Satsuki KANAYA

[デザイナー]
金谷 彩月(かなや さつき)/ フリー
[テーマ]
水流を纏う
[コンセプト]
私は”水”に魅せられた。あの波や水滴、渦。カラダの中の水分があふれ出て、波を作り、それはやがて服となる。

人間の体のほとんどは水分でできている。一定のフォルムを保たない流動的な水という物質が体から溢れやがて衣服になるのではないか?―――水の動き、流れは同じ形状にならない、それは人の感情の変化のようなものだと私は考える。常に変化するなかの一瞬の美しさを私はファッションというもので表現したい。

[Designer]
Satsuki KANAYA / freelance
[Theme]
I wear the water flow
[Concept]
I was fascinated by the water. That eddy, wave and water droplets.
Moisture over the body is over flowing to create a wave, it will be clothes soon.

Most bodies of man are made of water. Does the fluid water which does not maintain a fixed form become clothes?  ――― A motion of water and a flow do not become the same form. I think like change of people’s feeling. While always changing, I would like to express momentary beauty in a fashion.

エントリー#5 林 鐘赫 / JongHyuk LIM

[デザイナー]
林 鐘赫(いむ じょんひょく)/ 学生
[テーマ]
IL BORN
[コンセプト]
「イルボン」というのは韓国語で日本という意味である。 
デザイナーは新しいものを追求しなければならない使命感があるが 
その前に、国の歴史や文化を知り、その歴史と文化を次の世代に伝える使命感もある。
それで日本の古い文化の中で鎧を現代的に解析し、古い文化と現代の文化を共存する作品を制作した。

[Designer]
JongHyuk LIM / student
[Theme]
IL BORN
[Concept]
Korean word represents Japan.
Although designers should always pursue something new, they have a commitment of mission to deliver their history and culture of the country to the next generation.
Therefore, with modernly interpreting cultural heritage of Japanese armor, we created the armor characterized by coexistence of old and modern culture.

エントリー#4 居町 茉緒 / Mao IMACHI

[デザイナー]
居町 茉緒(いまち まお)/ フリー
[テーマ]
CONNECTION
[コンセプト]
点と点がつながりやがて線となっていく。
ドット(点)を様々な方法でタックにとり、生み出される線をデザインに落とし込む。
線はやがて波となり絡み合う。
人を点と見立て、線はつながり、波はそこに生まれるドラマを表す。
人と人とのつながりが軽薄となったこの時代に、だれかのきっかけとなる一着を仕立てる。

[Designer]
Mao IMACHI / freelance
[Theme]
CONNECTION
[Concept]
It will eventually become a line that the dos will lead.
Fold the dot, is dropped to design a line born.
The lines become intertwined waves eventually.
To the point the people, the line to lead the waves represent the drama born there.
In this era of ties between people became frivolous, I tailor the one wearing that triggers someone.

エントリー#3 阿部 光希 / Koki ABE

[デザイナー]
阿部 光希(あべ こうき)/ 学生
[テーマ]
フェミニズムを持った二面性
[コンセプト]
強い女性像とは何なのか?
力強い曲線美、包容力のある母性、、、
厳しい時代を切り開く女性像を日本の国技である相撲に結びつける。
ぶつかりあう筋肉美、伝統、横綱だけが腰に締める事の許された白麻製の綱などからインスパイアされた。
複雑に通された紐は強い女性像を形作りその流れは優しさと強さの二面性を表現。

[Designer]
Koki ABE / student
[Theme]
The two meanings of feminism
[Concept]
What makes a strong female image? Powerful yet beautiful curves balanced with gentle motherly instincts.
Seeing women as fortuitous Amazon warriors who are bold to cut through this harsh and rigid era, the image fit the Japanese sport of Sumo wrestling.
The beauty of muscles clashing, tradition, and the sacred loincloth only permitted to be worn by Yokozunas, the highest rank of Sumo wrestling.
The complexity of tangled rope expresses the empowering image of women and the flowing detail shows both care and strength.

エントリー#2 淺野 友行 / Tomoyuki ASANO

[デザイナー]
淺野 友行(あさの ともゆき)/ 学生
[テーマ]
End of elbowroom generation
[コンセプト]
今回のテーマは、ゆとり世代が社会に立ち向かう勇姿です。
自殺大国である日本。
近年では若者の自殺数が1000 人を超える現状です。
この中でも近年自殺率が多くなっているのは20 代で、ゆとり世代と言われている若者たちです。
若い世代が立ち向かわなくなった今だからこそ社会に立ち向かう勇姿に美学を感じ ゆとり の持つ苦悩と勇気を服で表現します。

[Designer]
Tomoyuki ASANO / student
[Theme]
End of elbowroom generation
[Concept]
This theme is a brave figure to which “YUTORI” generation fights against society.
Japan which is a major nation of suicide.
It is in the state where a young man’s number of suicide exceeds 1000 persons in recent years.
He is a generation calls “YUTORI” generation.
Aesthetics is felt for the brave figure which fights against society just because it is the now when the young generation stopped fighting, and dress expresses the suffering and the brave figure which a room generation has.


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る