第45回 神戸ファッションコンテスト2018

ミラノからの留学レポート【2013年受賞 陳さん】

CIAO、DOMUS ACADEMYに在学中の陳碧泓です。ミラノに来て10ヶ月に経ちました、毎日きちきちで過ごしています。

卒業するまで後2ヶ月、卒製を準備しながらインターンシップも続いています。3ヶ月のインターンシップはマスターコースのプラス単位として認めています。2月から今まであと1週間、SAVRIO PALATELLAでデザイナーアシスタントをやっていて、学校よりもっと専門技術を学べる事がたくさんあります。日本にいた時、三陽商会のトランスワークデザイン室で研修した経験もあったけど、ここで全然通用できない感じしました。前はデザイナーがやっている事を見ながら手伝う事と荷物を取りに行ったり、サンプルを包装したりしました。今はいちから一つのコレクションをやらせてくれました。自分から全力アイディアを出して、デザイナーが良いと思う部分を採用します。こんなやり方で私として成長するスピードが速いし、重視してくれたから自信も上がります。そして、バイヤーさんは直接デザイナー室のションルームに商品を注文しに来て、バイヤーさんから意見をたくさんもらい、次のシーズに役に立ちます。

ものを大切にする、これは最初日本から教えてくれた事、今ミラノでもっと範囲広く感じました。自然、時間、健康はもちろん、そして気分、感想、笑顔なども。ものとものの繋がり、それから次のアイディアに換わって行く事を大切にしています。

新年度の神戸ファッションコンテストに参加する皆さん、自分のアイディアを世界中にはっきり伝えるため、頑張ってください。新しいものをどんどん出しているけど、感想が人々には違います。自分の立場を決めるのが大事だけど、その立場からもっと遠い一歩を出すのはデザイナーとしてもっと重要だと思います。

------------------------------

陳さんありがとうございました。8月の広州のファッションショーに向けてがんばってください。

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る