第44回 神戸ファッションコンテスト2017

神戸ファッションコンテスト2015&堀内太郎氏特別講演 観覧募集のお知らせ

今年も神戸ファッションコンテスト最終審査会のランウェイショーを一般公開いたします!
TARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)のデザイナー堀内太郎氏を講師に招き、特別講演を同時開催いたします。
皆さまのご来場お待ちしております!

【日時】12月6日(日)
【場所】神戸ファッション美術館 オルビスホール
【プログラム】
13:00~ ショー形式の審査会(ファッションショー)
14:00~ 講演会  [講師:堀内太郎氏  TARO  HORIUCHI デザイナー][コーディネーター:引野謙司氏  KENJI  HIKINO デザイナー]
15:45~ 結果発表・表彰式

ご来場をご希望の方は、以下をご覧いただき、お申し込みください。
【応募方法】 ハガキ、FAX又はEメールに下記必要事項を明記の上、お申し込みください。
1回のご応募につき、2名までお申し込みいただけます。
【必要事項】 ①代表者氏名  ②住所  ③電話番号  ④同伴者氏名
【申込先】
<ハガキ>
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-1 神戸商工会議所会館6F
公益財団法人神戸ファッション協会 KFC2015係
<FAX>
078-303-3122
<メール>
contest@kobefashion.jp
【締切】 2015年11月18日(水)必着
※先着200名。
※当日の来場者状況により席数に余裕がある場合は、会場にて当日受付(立ち見を含む)を行う場合があります。
※会場内の座席は自由席となります。
※審査会開催のため、小学生以下の申込みはお断りしています。
※記載いただいた個人情報は、神戸ファッションコンテスト2015運営以外の目的では使用しません。

※定員に達しましたので、事前の受付は終了させていただきました。
立ち見での見学をご希望の方は当日受付までお越しください。

ノッティンガムからの留学レポート【2014年度受賞 阿部さん】

イギリス・ノッティンガム校へ留学している阿部光希さんから留学生レポートをいただきました!

********************************************************

イギリスに来て約一ヶ月半が経ち、生活にも慣れたのでレポートを書かせて頂きます。

イギリスに来て最初に感じたのは、、、とにかく寒い!
日本を出た時期は9月上旬で、まだ夏の暑さが残っていたのですが、ヒースロー空港につくと周りはダウンを着ていたりして、トレーナー1枚の僕は一人凍えていました。
気温、天気のチェックは大切です。笑

・生活
僕は幸運にも去年のNottingham 留学生で先輩のフラットハウス(シェアハウス)をそのまま引き継ぐ形だったので、面倒な手続きもいらず、とてもリーズナブルな価格で借りられています。
ここで気づいたのが、慣れない土地で上手く生活する方法としていかに情報を周りから得られるかがとても大事です。
僕はネット以外だと去年の留学生である二人の先輩にとても親切にして頂き様々な費用を浮かせられ、その分を卒業制作にあてようと思っています。

・学校
学校の感想としては、設備の量に驚きました。
ニット、レース、プリント、刺繍、レーザー、3Dなど、今まで高い費用をだして行っていたものがすべて学校でできてしまうので、初日は興奮して見学しました。購買のようなショップもありとても充実してると感じました。

・町
Nottinghamは僕にとってとっても住みやすいです。というのも大きな公園があり、お店も充実していて日本の八王子だと僕は言っています。
日本人は思ってたより多くて、あまりアウェー感はありません。

最後に先日行ったロンドンの写真で締めたいと思います。
ロンドンへはバスで3時間程、電車だと2時間以内でつきます、価格はバスが安く往復20ポンド程です。
写真はロンドンのDover street market (ここに一番きたかったので)と近くのストリートです。

********************************************************

阿部さんレポートありがとうござます。新しい環境にも、すっかり馴染んでいる様子。これから益々寒くなると思いますので、体調だけは万全に頑張って下さいね。

パリからの留学レポート【2014年度受賞 淺野さん】

KFC2014で受賞し、今年の8月からフランスのサンディカ校(クチュール組合学校)へ留学している淺野友行さんから留学生レポートをいただきました!

********************************************************

渡仏して1ヶ月がたちました。

初めての一人暮らしが海外で、何から何まで自分でやらなくてはいけない状況の中で生活しています。

ですがせっかくのパリ!楽しむことが一番ですので、料理や洗濯なども手探りで模索しながら楽しんで生活しております。

フランスに来ての感想は毎日が勉強です。フランス人の友達も出来ましたが、言葉がまだ聞き取れなくて、とても頭をつかいますが、それも楽しみながら、毎日勉強しています。

いいことでは、初めてのファッションウィークでYohji Yamamoto2016ssを見ることができ、日本では出来ない体験をすることができました。

またコレクションのスタージュや、パリの文化の日にナポレオンの墓などを見たり、公園でピクニックしたりなど充実の毎日を送っています。

これから学校が始まり忙しさが増しますが、楽しんで学びたいですね。

ヨウジのインキベーションです

これはショーです。

********************************************************

日本とは異なる環境で新しい生活をスタートされ、慣れないこともたくさんあると思いますが、楽しむことを忘れずに、前向きにがんばっていらっしゃる様子が伝わってきました。いよいよ本科が始まりますので、これからも楽しみながらたくさんのことを吸収していただきたいです。

留学後アンケートより 第4回「留学で得たもの」

10月に入りました。朝晩、すっかり涼しくなり、秋本番といった感じですね。さて、今日は留学後アンケート最終回として、「留学で得たもの」というテーマでお送りします。

*******************************************************

Q1. 留学中にショーやコンテストなどに参加した方は、詳細・結果を教えてください。
・在学中は特にないけど、今、中国広州の発表準備をしています。(イタリア)
・London Graduate Fashion Weekに参加しました。イギリスのファッションスクールの最終学年の中から選抜された生徒だけ出ることができるショーです。(イギリス)

Q2. 神戸ファッションコンテスト、留学で得たものは何ですか?
・日本がとても特殊な国だということがわかりました。(フランス)
・得たものは海外で勉強するチャンスだけじゃなく、これから学ぶこと、働くこと、そして生きることへの考え方が大きくかわりました。(イタリア)
・語学力と海外でしかできない経験だと思います。(イギリス)

Q3. ご意見・ご要望や将来の留学生へのアドバイスがあれば、何でも書いてください。
・この経験をさせてくださった関係者の皆様には本当に感謝してもしきれません。一緒にコンテストを経験した人たち皆に、同じ経験をさせてあげたいです。本当にありがとうございました。(フランス)
・作品は人に自分の価値観を見せるものです。そして、服を着る人、時間、場所を決めてからデザインすること。個性を見せる前にファッションはもちろん、着やすいことも大事です。(イタリア)
・語学を頑張って、友達をたくさん作って、いろんな経験をして、いろんなものを感じてください。留学は人生観にとても影響する貴重な経験だと思います。是非、消極的にならず、いろんなことにチャレンジしてみてください!(イギリス)

*******************************************************

これまで4回に渡って留学生の意見をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
神戸ファッションコンテストで特選を受賞し留学された方は、留学で知識を得るだけではなく、様々なチャンスを得ています。
今年の最終審査会で特選に選ばれる方にも、ぜひ目の間にあるチャンスを掴み取っていただきたいです。


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る