第44回 神戸ファッションコンテスト2017

ノッティンガムからの留学レポート【2014年度受賞 西さん】

KFC2014で受賞し、イギリスのノッティンガム校へ留学している西麻衣さんから留学生レポートが届きました。

********************************************************

ご無沙汰しております。Nottingham Trent Universityに留学中の西麻衣です。渡英してようやく生活にも慣れてきました。

 今現在、BAの最終学年にて卒業制作をしております。私自身、日本の学校でニットを学んでいたので、島精機とSTOLLの自動横編み機が各2台、プログラミングのソフトが入っているPCが10台ほどある素晴らしい環境で作品作りを行っているので、毎日とても有意義な学生生活を送れています。私の学年は授業はほとんどなく、自分で学習計画を立て卒業制作を進めていくので、数ヶ月後の予定を考えながら作業をしています。授業はほとんどないと言いましたが、制作で分からないところがある場合は、2D tutorial、3D tutorialでパターンや立体の分からない部分をテクニシャンの方々に教わったり(予約制)、group tutorialといった先生一人に対して5〜6人の生徒で自分の制作の進み具合やディスカッションする場があるので、クラスメイトは基本的に毎日学校で作業している人が多いと思います。

 学校の施設は本当に素晴らしく、ニットはもちろん、本格的な自動刺繍機、デジタルプリント、捺染、レーザーカッター、ガラス、木材、セラミックなどといった様々な施設があり、それぞれの分野に必ずテクニシャンの先生がいるので本当に制作作りにはもってこいの場所だと改めて実感しております。

 また、NTUは大学なのでファッション以外の学生もたくさん在籍しており、クラブ活動などもたくさんあるみたいです。私自身はStrings Orchestraに先週から参加していて、もちろん楽器は学校が所持しているviolinを借りているのですが、作業で毎日忙しいですが、音楽が良いリフレッシュになってまた、明日も頑張ろう!と思えるので制作以外にも色々な体験や経験ができるのはNTUだからなのかと思います。

 2015年度の受賞者が決まって、早二ヶ月が過ぎたところなのでしょうか?NTU留学の方とイギリスで会えることを楽しみにしております。

 最後に私がほぼ毎日いるニット室の写真で今回のレポートを終わらせていただきます。

********************************************************

阿部くんに続き、ノッティンガムの西さんから、学校の授業の様子、そして充実した施設についてのレポートをいただきました。また、授業以外にStrings Orchestraに参加され、素敵な大学生活をおくられているようですね。2015年の受賞者の方も、これから留学を目指している方もぜひ参考にしてください。

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る