第44回 神戸ファッションコンテスト2017

エントリー#05 小林 歩/Ayumi KOBAYASHI

designer
小林 歩  Ayumi KOBAYASHI
(杉野服飾大学 Sugino Fashion College)
theme
筆でひく  drew by fude
concept
日本文化に根付いた筆と墨を用いて、質感の異なる2種類の生地を重ねた上に筆を用いて墨で線をひく。

墨が醸し出すにじみやかすれ、濃淡、強弱、動きなどにより唯一無二の様々なイメージを作りあげる。

これらを服のデザインイメージに融合させることにより、着て見て美しいだけでない生命力あふれ、人の心に寄り添える服を表現したい。

 

Using fude ( a brush ) and sumi ( ink ), which are both deeply ingrained in the Japanese Culture, I drew lines on a layer of two different textures of fabric.

Some effects of ink, such as nijimi ( bleeding ), kasure ( getting scratchy ), tones, dynamics, and movements, create varjous unique images.

Using these images, I would like to present garments that are not just beautiful but also full of ritality and feeling closer to human heart.

 

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る