第44回 神戸ファッションコンテスト2017

エントリー#11 高山 杏奈/Anna TAKAYAMA

designer
高山 杏奈  Anna TAKAYAMA
(文化服装学院  Bunka Fashion College

theme
Eclecticism
 折衷主義
concept

過去や現代ではなく、いつかの未来のためのデザインを考える。

【相反するものとの共存や、長所を抽出し調和させて作り出す新しい体系】

そんな意味を持つこの言葉には、地層というハードな印象に対してソフトな手織りのウィービングを掛け合わせることや、マットとシャイニー、フェミニンやマスキュリンを組み合わせることなど、様々な要素の対峙によって生まれる美しさを指す。

長い年月をかけてその美しさを生み出す地形と同じように、それは新たな未来への挑戦であり、限界のない創造性を追求している。

息をのむ美しい鉱石や巨大な地層を表す色とりどりに手で織られたウィービング、自然浸食によってできた岩々を表すライトグレーから濃いグレー 広大な大地をイメージしたゴールドのカラーパレット。

このカラーパレットに加え、地層面や地割れのモチーフをカモフラージュのように素材に落とし込み、加工を施すことにより美しい立体感を表す。

 

Inspiration from the Stratum. Not past or present BUT design for the FUTURE.

Coexistence with contrary objects, a new system that extracts harmoniously and creates harmony

The meaning of sentence above is creating beauty by confrontation of various elements such as multiplying impression of the stratum with soft hand-woven weaving, combining matte and shiny, feminine and masculine.

This is a challenge to a new future, like the topography that produces its beauty over the years, pursuing creativity without limits.

Handmade Weaving represents beautiful ore and huge stratum.

The color from Light gray to dark gray represents rocks formed by natural erosion and the gold color palette is an image of vast land.

This color palette represents the motif of the stratum and cracks into a material like camouflage with beautiful 3D shape.

 

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る