第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#02 江上 千晴/Chiharu EGAMI

<designer>

江上 千晴   Chiharu EGAMI

(ここのがっこう   Coconogacco)

<theme>

FILL THE GAPS OF CLOTHES

<concept>

今スマートフォンは人間の身体の一部となっていると感じました。

AIの進化が進む中、人間は身体を拡張しモノと共存していく未来なのであれば服がどのような進化を遂げるのかを考えました。

服装史から西洋⇔東洋、立体⇔平面、身体の締め付け⇔解放=ボーン⇔ジャージのキーワードをデザインに入れ、服の隙間を埋めて骨組みを作り新たなシルエットを作りました。

素材は軽さを出すためネオプレーンを使用しました。身体の筋のような動きのあるデザインにするため斜線で描く千鳥格子をデジタルプリントしました。反撥素材の特徴を生かしキルティングで凹凸のある質感を出しました。

 

I think that the smartphone becomes the parts of body now.

I turned into a human being expanding the body in the future, and coexisting with a thing while evolution of the AI advanced, and I think about what kind of evolution clothes accomplish.

I made a new silhouette based on the Western ⇔ Orient, three-dimensional ⇔ flat, a keyword of the clamping ⇔ liberation = born ⇔ jersey from history of clothes by filling the gap of clothes, and making a framework

The material is neoprene. I printed a cross-woven lattice to picture with a slanted line to make a design with the movement such as the physical line digitally.

I made use of a characteristic of the repulsion material and served the feel of a material with the irregularity at the quilting.

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る