第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#04 加藤 大地/Daichi KATO

<designer>

加藤 大地   Daichi KATO

(エスモード・ジャポン 東京校   ESMOD Japon Tokyo

<theme>

興奮の余韻   Lingering excitement

<concept>

事が終わった後も残る風情や味わい。

覚め切らない興奮を静めようとする気持ち。残り続ける高揚感と湧き上がる虚無感。高揚感と虚無感の間にある心の様子。

対照的な感情を表現するため、使用した素材は、ギャバジンやオーガンジー。

また、生地にビジューを施すことで、覚め切らない興奮を表現し、透ける生地を重ねることで、2つの感情を表現した。

 

Taste and flavor that still remains even after the thing is over.

Feeling to settle down the excitement which still remains without perfectly calm. A sense of exaltation that keeps remaining and a sense of emptiness that springs up. The state of the minds that exists in between a sense of exaltation and a sense of emptiness.

To express contrastive emotions, the fabrics used are Gabardine and Organdy.

And, I expressed “the excitement which still remains without perfectly calm” by applying the bijoux to the fabric, and also expressed the two emotions by overlapping the transparent fabrics.

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る