第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#10 タン ヒュマン/Tam Hiuman

<designer>

タン ヒュマン   Tam Hiuman

(文化学園大学   Bunka Gakuen University)

<theme>

CHRISTMAS TRUCE

<concept>

クリスマス休戦のストーリーからインスピレーションされ、デザインしました。

国のため、兵士たちが戦場で敵と戦うことは残酷だが、“聖の夜“ クリスマスになると国の利益より人間として心から望む平和が明らかに、そして自分一人で思ったことではなく、軍隊の戦友、さらに敵軍も同じく平和を望むことで、平和なクリスマス休戦ができ、共に祝いました。それは、人間とクリスマスの魅力であると思います。

 

第一次世界大戦に軍用生地として使用された、帆布、バーバリー、ギャバジンなどを使用し、一方、紅、緑とタータンチェックの生地でクリスマスの平和と喜びを表現したいです。

 

I designed a concept that is from the story of “Christmas Truce.”

Solders are meant to fight for their country. There are wars and they have to hunt or kill their enemies. But the solders who were fighting in WWI during the first “Holy Night”― Christmas, unauthorizedly prioritized peace and the hope for truce are over any benefits they night possibly get for their country, put down their weapon and had an agreement to pause the fight. Two warring sides were even truly having a peaceful and joyful Christmas Night.

 

The fabric I use can. Also be seen in WWI military. Such as canvas, Burberry and Gabardine. For Christmas I use Red and Green and Tartan which inspirit by Christmas decoration to represent the joyful of Christmas.

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る