第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#11 塚原 達也/Tatsuya TSUKAHARA

<designer>

塚原 達也   Tatsuya TSUKAHARA

<theme>

想い宿る衣服   the seat of the soul

<concept>

コンセプト

過去に築かれた様々な素晴らしい技術や知識、芸術、文化を知り現代的で新しい物事と合わせ見ることでより良い未来を創造する。

 

ターゲット、シチュエーション

日本らしさを体言できる凛として女性ドレスアップし世界に脚光を浴びる際に身に纏う上質な衣服の創造を目指す。

 

使用素材

シルク(ビスコース、オーガン 等)コットン(レース等)ポリ(チュール等)その他 etc…

上記の様々な素材感をイタリアで学んだクチュール技術を取り入れアレンジし製作する

 

コレクションテーマ

日本の誇る壮巌な建造物『日光東照宮』。東照宮を構成する様々な彫刻や造形美からイメージした刺繍や装飾を施したドレスコードのコレクションをデザインしました。日本の魂を宿したドレスを制作する事で私は、『東洋の美徳』を現代的に表現できるデザイナーになります。

 

Concept

Imagine a better future by knowing various wonderful technologies, knowledge, arts, and culture built in the past and combining it with contemporary new things.

 

The Collection Theme

Nikko Toshogu Shirine-Japan’s grand Sinto shrine designated as World Heritage.

Its various kinds of sculpture and formative artwork has inspired me to design embroidery and decoration for dress code collection.

The dresses, in which the Japanese sprit stays, is ready here to spread the brand-new figure of “Modern oriental Virtue” to the world.

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る