第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#14 野中 優/Yu NONAKA

<designer>

野中 優   Yu NONAKA

<theme>

Naked Tribe Goes Decorative

<concept>

パタゴニアに19世紀まで存在していた、非常に珍しい文化を持つ裸族、“ヤーガン”

冷えきった凍土で、「寒いからこそ服を着ない」という考え方を持ち、体には動物の油で作ったグリースを様々な柄に塗りたくることで寒さをしのいだ。

 

現代の人間には考えられないような代謝を持ち、寒い気候でも高い体温を保っていられたという。

彼らの風変わりな文化を現代版のタウンウエアとして再構築するため素材はテクノ感のあるアクリルやポリエステルオーガンジーを使用。

パタゴニアの凍てつく大地を装飾的なアクリルパーツと大地の隆起をイメージしたプリントのオーガンジーで表現し、山々を旅するような軽やかでスポーティーなレイヤードスタイルに表現した。

アクセントカラーにはヤーガンや自然をイメージした色を取り入れた。

 

Yaghan-The unique naked tribe which has been already extinct in 19th Century, arctic Patagonia.

They lived with distinctive and unusual habit that the weather was cold therefore they didn’t wear clothes. Their extremely high metabolism kept Yaghan people alive on the frozen ground, and they drew various kinds of stripe patterns on their body with grease which was extracted from animal bodies to help their body temperature keep warm.

Reconstructing their strange culture as modern street wear, I used acrylic transparent board and polyester organza. Laser cut acrylic motifs and texture printed on organza is inspired by Patagonian frozen, steric land and hypsography.

I wanted to do something sporty and “tech”-ish with this collection so those transparent materials layered with ribbed knit items add lightness and futuristic vibe to the collection.

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る