第45回 神戸ファッションコンテスト2018

エントリー#15 原島 絵美/Emi HARASHIMA

<designer>

原島 絵美   Emi HARASHIMA

(文化服装学院   Bunka Fashion College)

<theme>

about My affection

<concept>

移りゆく時代、変わる環境、失われゆくもの、そんな中で自分の慈しみの気持ちはどこへ向けられているのか。犠牲を生みながら便利になる私達の生活、豊かさとは何か。経年劣化により減る古着、生きる場所を失う野生動物たち。大切なものはもっと身近にあると考え、自分で古着を作り、メッセージを込めたオリジナルプリント、刺繍で表現。

 

In a transitioning era with changing environmental conditions and uncertainty where does one direct our sense of affection and love?

 

In our lives, there is abundance of convenience but at what cost?

 

Used clothes end up in landfill only to harm the environment and cause wild animals to lose their natural habitat.

 

The important element is make used clothes by oneself which contain a message, expressing one’s own ideas through original prints and embroidery.

 

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る