第45回 神戸ファッションコンテスト2018

ローマから留学レポート【2016年受賞 斉藤さん】

KFC2016で受賞し、イタリアのアカデミア校へ留学している斉藤さんから留学生レポートが届きました!

********************************************************

チャオ!

ボンジョールノ!

サルーベ!

 

イタリアのローマに留学しているジュンペイです!

 

まず始めにご報告です。11月6日をもちまして無事に学校を卒業することが出来ました!!

ホッとした気持ちと共に、支えてくれた人たちのおかげでこの1年間濃密な経験をできたことに感謝の気持ちでいっぱいです、、、泣

 

前回から引っ張っていた卒業制作の流れを説明させていただきます。まずインターンを終えた8月からパターンと仮縫いの制作が始まりました。制作するデザインは既に6月上旬のプレゼンテーションで先生と決めています。(バレンティノのプロジェクトとインターンの関係上制作開始が8月からとなりました)8月の約15日間は夏休みで学校が閉まってしまうので、提出日の10月22日までの約2ヶ月間でミラノのファッションショーで歩かせる6体を作るようなスケジュールとなっています。最終フィッティングの他に約2週間に一度のペースでプロのモデルに来ていただきフィッティングを行いました。

制作タイプは大きく分けると2つあります。自力で作るジャパニーズタイプ又は外注タイプです。1つ目のジャパニーズタイプは名前から推測できる通り日本人の先輩方が行ったタイプで、私も最初このタイプで挑むつもりでしたが10月中旬に提出に間に合わないと判断して1体外部にお願いして作っていただきました(笑)他のクラスメイトは2つ目のタイプです。

私が始め自力ジャパニーズタイプを選んだ理由はただ一つ、それはお金の問題です。シンプルに6体全てを外部にお願いする金銭の余裕がありませんでした。もし経済的に余裕があったら絶対に外部にお願いしていたと思います。その理由が2つあります。1つは刺繍やプリントなどのニ次加工やアクセサリーの提案に大きく力を入れられること。2つ目はポートフォリオの制作にも力を入れられることです。私の力不足でもありますがもう少し衣服の制作以外に時間が作れれば、上記のニ次加工やアクセサリーにもっと力を入れたかったです。

ジャパニーズタイプをして良かった点もあります。まず学校から高い評価をいただきました。私は制作のために毎日学校に朝早くから閉まる直前まで作業をしていた(ジュンペイは学校に住んでいるのかと噂されるほど)ので多くの先生、多くの生徒たちから声をかけていただいてそれがモチベーションに大きく繋がりました。それと制作する過程で仕様の変更なども自由に出来ることも利点です。私の場合前回のレポートでも述べていますが、次の代に入学する日本人留学生たちにもサポートをしてもらったので本当にギリギリのギリギリでファッションショーに出せる形になりました。

 

10月26日にミラノでファッションショーを終え、文頭にも書いた通り11月6日に卒業プレゼンテーション(内容は卒業制作の説明)を終えその日に卒業証明書を受け取り卒業しました。

今は過去に作ったポートフォリオと卒制のポートフォリオをまとめながら就職活動中です。これから先は何が起こるのか全く想像がつかないので、面白いアクションを起こせるように?大きなチャンスを掴めるように?気を抜かず準備するつもりです。

 

皆さんも留学という名の修行に勤しんでください!!

 

今回の写真で振り返ろうのコーナーは卒業制作のまとめで、ファッションショーと学校でのフィッティング風景です。

 

 

それではまた!

チャオ!

 

********************************************************

ご卒業おめでとうございます!卒業コレクション制作お疲れさまでした!大作に感動しました!今週末に、第45回神戸ファッションコンテスト2018最終審査会が開催されます。次なる留学生に大きな刺激になることでしょう。今後のご活躍を楽しみにしております。斉藤さん、貴重なレポートありがとうございました!!

Leave a Comment


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る