第44回 神戸ファッションコンテスト2017

スタッフブログ

エントリー#15 松永 千奈/Kazuna MATSUNAGA

designer
松永 千奈  Kazuna MATSUNAGA
theme
胡蝶の夢  The Dream of a Butterfly
concept

リアルとバーチャルが混合しつつある現代人と、現実と夢の区別がつかなくなる中国の故事「胡蝶の夢」を重ね合わせ、デザインに落とし込んだ。

モノや技術が進化する時代の中で、曖昧になりつつある境界線を、美しく歪んだシルエットと刺繍で表現した。

現代的な大きなスレーブやワイドシルエットの中に、シノワズリテイストのディテールを落とし込み、新鮮さと上質さをプラスした。

 

Based on quote “The Dream of a Butterfly” cited from Chinese historical Events, I wanted to express my emotions on the confusion between the boundaries of reality and virtuality.

As products and technologies have been advancing rapidly these days, the boundaries are getting ambiguous and so I created my design to reflect this with beautifully distorted silhouettes and embroideries.

I applied Chinoiserie details into modern large sleeves and wide silhouettes to add freshness and elegance to my designs.

エントリー#14 ベルナルダ アントニ/Bernarda ANTONY

designer
ベルナルダ アントニ  Bernarda ANTONY
theme

East meets west  東と西
concept

古代ジャワ島の宮殿とウールの美しさに影響されたデザインで作った。

使用生地はsongket(伝統インドネシアブロード生地)、batik(伝統インドネシア模様)とウール地。

花のようなアプリケを足して、東と西を合体させたような雰囲気になる。花風アプリケはニードルフェルティングのテクニックで制作した。

 

Design made by combining wool with south east Asian flair, Inspired by silhouette of the Javanese royal families.

Fabrics used are Songket (Indonesian Traditional brocade), Batik Indonesian traditional print),and wool.

A touch of wool flower bush, made with needle felting technique has made this collection a harmony of east meets west.

 

エントリー#13 西村 健太/Kenta NISHIMURA

designer
西村 健太  Kenta NISHIMURA
(文化ファッション大学院大学  Bunka Fashion Graduate University

theme
まるまろ  MARUMARO
concept

私は社会の人や建物が荒々しく角張っているように見えました。しかし、私(丸)とうフィルターを通して物事を見てみる、すなわち角度を変えて見てみると違う景色が見えるかもしれません。

この服には着た時の形、脱いだ時の形、多方面に丸を隠しています。一方向からではなく多方向から物事を見て考える。そんなことをこの服で感じてもらいたいと思いました。

 

I regard social phenomenon as something likejaggedor “squared” However, if we see through the filter “sphere”, we could see the scape which we haven’t expected.

I hide spheres in these clothes at the time that you wear and put off like multidirectional. I made these clothes so that you see and think about things through the sphere.

 

エントリー#12 ニコラ ティーレ/Nicola THIELE

designer
ニコラ ティーレ  Nicola THIELE
(文化ファッション大学院大学  Bunka Fashion Graduate University

theme
HOLD YOUR SELF
concept
ものをバラバラにし、そして壊す。

バラバラになってしまったものはパズルのように組み立て直すことができる。そしてもっといいもの、今まで気付かなかった可能性が生まれる。

だが、そこに辿り着くには長いプロセスが必要で、バラバラにする為に、あるものを一度壊さないといけない勇気と、一度、コントロールすることを完全抜かなければいけないという高い壁にぶつかる。

このコンセプトには、自分自身へのチャレンジが含まれている。

コントロールを抜き、ものに対して自由性を与え、そこから組み立て直すというところからこのデザインのプロセスが始まる。

 

Bring something together, and then let it fall apart again.

Something that has fallen apart can be put together again like a puzzle. And sometimes this newly put together piece ends up being even better and fresher than before – something you didn’t even think of before.

But getting to the point of letting things fall is a long process. In order to do you have to destroy something which takes courage and you have to overcome all your controlling instincts and let go. This is my challenge to myself.

Taking away control, leaving things to fall apart freely, and then finding what fits together.

 

エントリー#11 高山 杏奈/Anna TAKAYAMA

designer
高山 杏奈  Anna TAKAYAMA
(文化服装学院  Bunka Fashion College

theme
Eclecticism
 折衷主義
concept

過去や現代ではなく、いつかの未来のためのデザインを考える。

【相反するものとの共存や、長所を抽出し調和させて作り出す新しい体系】

そんな意味を持つこの言葉には、地層というハードな印象に対してソフトな手織りのウィービングを掛け合わせることや、マットとシャイニー、フェミニンやマスキュリンを組み合わせることなど、様々な要素の対峙によって生まれる美しさを指す。

長い年月をかけてその美しさを生み出す地形と同じように、それは新たな未来への挑戦であり、限界のない創造性を追求している。

息をのむ美しい鉱石や巨大な地層を表す色とりどりに手で織られたウィービング、自然浸食によってできた岩々を表すライトグレーから濃いグレー 広大な大地をイメージしたゴールドのカラーパレット。

このカラーパレットに加え、地層面や地割れのモチーフをカモフラージュのように素材に落とし込み、加工を施すことにより美しい立体感を表す。

 

Inspiration from the Stratum. Not past or present BUT design for the FUTURE.

Coexistence with contrary objects, a new system that extracts harmoniously and creates harmony

The meaning of sentence above is creating beauty by confrontation of various elements such as multiplying impression of the stratum with soft hand-woven weaving, combining matte and shiny, feminine and masculine.

This is a challenge to a new future, like the topography that produces its beauty over the years, pursuing creativity without limits.

Handmade Weaving represents beautiful ore and huge stratum.

The color from Light gray to dark gray represents rocks formed by natural erosion and the gold color palette is an image of vast land.

This color palette represents the motif of the stratum and cracks into a material like camouflage with beautiful 3D shape.

 

エントリー#10 高橋 友里絵/Yurie TAKAHASHI

designer
高橋 友里絵  Yurie TAKAHASHI
(文化学園大学  Bunka Gakuen University

theme
オーブリー・ビアズリーを着る  Wearing Aubrey Beardsley
concept

アール・ヌーボーを代表するイギリス人画家オーブリー・ビアズリー。

彼の白と黒で描かれた独特な線画の世界観を優美なドレスで表現するのがブランドコンセプトです。

体にフィットしたシルエットにプリーツ、ドレープ等の技法で流れる線を表しました。素材は、滑らかな曲線にはシフォン、シャープな直線にはチュールを用いました。

 

Aubrey Vincent Beardsley is a famous British artist for Art Nouveau.

My brand concept is to express his views of the world by using unique line drawing of black and white.

The curves are expressed using pleats and draping that fit the body’s silhouette. I used chiffon to express soft lines and tulle to express the straight lines.

エントリー#09 ズォン クイン ガ/Duong Quynh Nga

designer
ズォン クイン ガ  Duong Quynh Nga
theme

NEW GREEN CITY
concept
木々は町を抱いていくイメージによりインスピレーションされて、デザインを発想できました。みどりは私たちの友達で、私たちの町と私たちの生活を守るものです。緑が大好きな私の愛を伝えたいです。

テキスタイルからデザインしました。パンチングとキルティング技法を当てはめ、3Dの模様を作ります。そして、チュールの2枚の中に、合皮を挟み、建物をイメージする新しい布地を作ります。

 

The designs were inspired by the images of a city sur rounded by trees : “Greenery is our friend, who is protecting our cities and our lives.” I don’t know since when greenery has become my great inspirations for my designs. Being a huge fan of environmental-friendly modern architecture, this time I came up with the theme of “NEW GREEN CITY” Which I want to express the beautiful love and bindings of a modern city and greenery.

The root of the designs was based on creating and constructing new textile, using needle felting technique, embroidery and others.

 

エントリー#08 朱 君/Jun ZHU

designer
朱 君  Jun ZHU
(文化ファッション大学院大学  Bunka Fashion Graduate University

theme
夜の世界  World of the Night
concept

現在、人々のストレスが大きくなる。人々は一日の仕事が終わってから、夜の時間は休み、調整の時間と思う。夜の景色はとても美しい。ネオンに照らされて都市の夜は魅力があるので、いつも面白い物語は夜に発生する。夜は人々の体と心を直す薬だと思う。

伝統のクロスステッチの技術を使って、模様は自分でデザインして、服飾の上で、夜の景色と物語を表現する。

 

I today’s world. People are getting more and more stressful in their life. After working for a whole day, night is the time for them to relax and adjust themselves. Night time is beautiful. City night is attractive under neon light. So some interesting stories. Always happen at night. Night time is also the best time to heal our inner soul.

I wish to tell a story about night through my dress. With traditional cross-stitch patterns designed by myself. My dress is telling a story and gives people an image of a beautiful night.

 

エントリー#07 定井 舞美/Maimi SADAI

designer
定井 舞美  Maimi SADAI
(大阪文化服装学院  Osaka Bunka Fashion College

theme
“CAPTURE, ME.”
concept
憧れを実現し、その美しい瞬間をCaptureする。

自分の力で人生を演出することにFashionの力が加わった時、それは、無限の可能性をもつ。

18世紀のアイテムや’Nosegay’そのディテールの繊細美からインスピレーションを受け、スタイリングやパターンと共に研究を重ねる。

細部まで、私の最高のこだわりを。まるで夢のようなFashion showを。

 

I want to realize my longings and capture that beautiful moments through fashion design.

With the power of fashion and my personal drive there are infinite possibilities for creativity.

I take inspiration from 18th certury fashion idea with its intricate beautiful details including flowers like ‘Nosegay’. And I research the period’s and modern fashion styling and pattern making, and incorporate it into my own.

I am passionate about the smallest details in each creation. My fashion show will take you to a dream world.

 

 

エントリー#06 齊藤 奈月/Natsuki SAITO

designer
齊藤 奈月  Natsuki SAITO
(文化ファッション大学院大学  Bunka Fashion Graduate University)
theme
GREEK MYTHOLOGY
concept
情報社会の現代。抱えきれない情報達に、殺伐とした社会に疲れた時は現実逃避をしよう。                                                     幻想的なムードに身を任せ、酔いしれて、日々アップデートされる情報から少し目をそらしてしまおう。                                              本コレクションはギリシャ神話をテーマに神話から着想を得たイラストを使用したオパール加工、デジタルプリントを用いてオリジナルテキスタイルを制作。                   華やかな柄や刺繍と、そっと包み込むようなオーバーシルエットで神話のムードを表現する。

 

We live an information society.

We are allowed to escape from reality  when we get tired of too much information and a savage atmosphere of our society.

Let’s throw ourselves on a fantastic mood and be intoxicated with it so that we can look away from the information update every second.

This collection is the original textile with opal printing and digital printing of the illustrations inspired by Greek Mythology.

It expresses the mood myth with the oversized silhouette with brilliant patterns and embroideries.

 

エントリー#05 小林 歩/Ayumi KOBAYASHI

designer
小林 歩  Ayumi KOBAYASHI
(杉野服飾大学 Sugino Fashion College)
theme
筆でひく  drew by fude
concept
日本文化に根付いた筆と墨を用いて、質感の異なる2種類の生地を重ねた上に筆を用いて墨で線をひく。

墨が醸し出すにじみやかすれ、濃淡、強弱、動きなどにより唯一無二の様々なイメージを作りあげる。

これらを服のデザインイメージに融合させることにより、着て見て美しいだけでない生命力あふれ、人の心に寄り添える服を表現したい。

 

Using fude ( a brush ) and sumi ( ink ), which are both deeply ingrained in the Japanese Culture, I drew lines on a layer of two different textures of fabric.

Some effects of ink, such as nijimi ( bleeding ), kasure ( getting scratchy ), tones, dynamics, and movements, create varjous unique images.

Using these images, I would like to present garments that are not just beautiful but also full of ritality and feeling closer to human heart.

 

エントリー#04 木村 珠里/Juri KIMURA

designer
木村 珠里  Juri KIMURA
theme

HUPRDIAN  パプロディアン
concept
いくつもの血が混じり合ったインディアンという意味の「HUPROK」よいう言葉を語源に。

HUPROK」の様に沢山の人の遺伝子を受け継いだ人を服に表現。個性のあるデザイン、はたまたベーシックな素材をランダムに用いて不思議と統一感をだす。

これからの時代に売れる服、売っていく服を提案。

 

The word as HUPROK of the meaning as the Native American that many blood mixed is made the etymology.

The person who set person’s a lot of genes like HUPROK is expressed to clothes.Distinotive design and grouper,also,a bay uses the chic material at random and takes out a wonder and uniformity.

The clothes which can be sold the future time and the clothes which are being sold are proposed.

 

 

エントリー#03 キム ジュヨン/Kim joo young

designer
キム ジュヨン  Kim joo young
theme

Iced garden
concept
私は人が作った自然「庭」のアイロニーに興味を持っていました。Iced gardenは「氷の中に生きている花」で作られた庭で反対の要素が共存しています。

造形された花の鮮やかさと庭が表す暗いムードからインスピレーション受け、花の鮮やかな色と対比される空間の色(黒)を使って自然と人工の対比がくれる奇妙な美しさを表現しました。

 

I was interested in the irony of garden, a natural space which is actually made by man.‘iced garden’ is a strange space where coexist the opposite things, flower living in the ice.

This collection is inspired by the beauty of the oddness that comes from the vividness of flower with the dark mood of the space.

Therefore I wanted to show the irony of garden through my work ‘iced garden.’ I want to express a strange beauty that comes from the contrast between the nature and artificiality.Thus i contrast both two ideas, by using vivid colored of flower and a dark colored space as a material.

 

エントリー#02 加藤 千恵/Chie KATO

designer
加藤 千恵  Chie KATO
(愛知文化服装専門学校 Aichi Bunka School of College

theme
Unknown tribe
concept
Unknown tribe=未知の部族がテーマです。

カラフルなものが多い民族衣装とストリートをミックスし、モノトーンで未来的な民族衣装を製作します。

パラグアイのカラフルで伝統的なレース、ニャンドゥティをモノトーンをベースに、ビーズやラメ糸を混ぜ、繊細でラグジュアリー感のあるストリートクチュールに仕上げます。

 

The theme is “Unknown tribe”.

Combining national costumes what colorful and street fashion, I made new national costumes what monotone and futuristic.

I made a colorful and traditional lace of Paraguay called Nyanduti as the main.

I made delicate and luxurious street couture by mixing Nyanduti with beads and lame threads.

 

エントリー#01 片岡 蒔季/Shiki KATAOKA

designer
片岡 蒔季  Shiki KATAOKA
(バンタンデザイン研究所 大阪校 Vantan Design Institute Osaka

theme
Clean Shadows
concept
偏見を持たない人は、クリーンでヘルシーな考え方を持っている。

マスキュリンなシルエットに繊細でフェミニンな素材をのせてのことによってうまれるシャドウ。

シルエットは最も女性らしさを表現するものだと思います。ですが、今回の作品はあえて広い肩幅などのマスキュリンなシルエットをのせています。

素材はシワ加工のかかったうすい生地、レース、そして少し固めのチュールなどをボンディング加工し、新しいラインを生むことによって、「いっそうエレガント、だけど、芯のある強さ」を作り出しています。ちがう表情をもつ素材を使う事や、それが作り出す「動き」が加わることで新しい「女性らしさ」を表現します。

フェミニズムが問われている現代では、マスキュリンやフェミニンを超えたこのコレクションの新しい女性らしさが、クリーンでヘルシーなマインドを主張できる存在になります。

 

A person with no prejudiced thoughts is believed to have a healthy,clean mind.

Silhouette is the most vital way of expressing feminism, thus in this collection. I have replaced this with a man like silhouette with broad shoulders and a masculine look.

BY selecting a delicate, soft textile, and adding texture to it. For example a shiffon fabric, creased and bonded with medium-hard tule, will bring a new touch to the fabric and create a flow of line, that appears elegant, yet strong.

In today’s society, where feminism and masculinity is debated,the new femininity in this collection will break the border and question the prejudiced minds.

The 44th KOBE Fashion Contest2017 最終審査会/松重健太氏特別講演 観覧者募集のお知らせ!

今年も神戸ファッションコンテスト最終審査会のランウェイショーを一般公開いたします!
「第35回神戸ファッションコンテスト2008」で特選を受賞し、フランス・パリへ留学し、その後イエール国際フェスティバルでグランプリ受賞後に設立した、注目のブランドの一つ、「Kenta Matsushige(ケンタ マツシゲ)」のデザイナー、松重健太氏を講師に迎えた特別講演を同時開催いたします。
皆さまのご来場お待ちしております!

【日時】12月3日(日)
【場所】神戸ファッション美術館 オルビスホール
【プログラム】
13:00~ ショー形式の審査会(ファッションショー)
14:00~ 講演会  [講師:松重健太氏  Kenta Matsushige デザイナー] ほか
15:45~ 結果発表・表彰式

ご来場をご希望の方は、以下をご覧いただき、お申し込みください。
【応募方法】 ハガキ、FAX又はEメールに下記必要事項を明記の上、お申し込みください。
1回のご応募につき、2名までお申し込みいただけます。
【必要事項】 ①代表者氏名  ②住所  ③電話番号  ④同伴者氏名
【申込先】
<ハガキ>
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-1 神戸商工会議所会館6F
公益財団法人神戸ファッション協会 KFC2017係
<FAX>
078-303-3122
<メール>
contest@kobefashion.jp
【締切】 2017年11月15日(水)必着
※先着200名。
※当日の来場者状況により席数に余裕がある場合は、会場にて当日受付(立ち見を含む)を行う場合があります。
※会場内の座席は自由席となります。
※審査会開催のため、小学生以下の申込みはお断りしています。
※記載いただいた個人情報は、神戸ファッションコンテスト2017運営以外の目的では使用しません。

KFC2016特選受賞作品ファッションショーのお知らせ

「第43回神戸ファッションコンテスト2016」特選受賞作品のファッションショーを「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2017 KOBE in Daimaru Kobe」で開催!!

大丸神戸店を中心とする神戸旧居留地エリアを舞台として3月25日(土)に開催される、「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2017 KOBE in Daimaru Kobe(以下「FNO神戸」)のレッドカーペットに「第43回神戸ファッションコンテスト2016」特選受賞作品がファッションショーとして登場します。

※「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT」とは、米国版「VOGUE」編集長のアナ・ウィンターさんの呼びかけでスタートした世界最大級のショッピングイベントです。神戸では初の開催で、日本では東京、大阪に続く3都市目の開催となります。

*******************************************************

【開催日時】平成29年3月25日(土)16時~
※FNO神戸は平成29年3月25日(土)14時~21時
【場所】 大丸神戸店東側明石町筋(レッドカーペット設置)
※雨天の場合は、大丸神戸店9階イベントホール

http://www.vogue.co.jp/fno/kobe/

*******************************************************

 

過去の受賞者の活躍状況更新のお知らせ!

プリント

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

神戸ファッションコンテスト2002で特選を受賞した渡邊洋平さんの活躍状況をUPさせていただきましたので、是非ご覧ください。

KFC2016特選受賞作品展示会(ファッション美術館)

神戸ファッション美術館1階 ミュージアムホールにて、神戸ファッションコンテスト2016特選受賞作品展示会を開催いたします。

*******************************************************

【期間】2017年 1月4日(水)~ 1月15日(日)
【場所】神戸ファッション美術館1階 ミュージアムホール
神戸市東灘区向洋町中2-9-1
【開館時間】10:00-18:00(最終入館は17:30)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館。翌日休館)

*******************************************************

1

2

3

1

5

6

2

3

6

4

5

 

 

 

神戸ファッションコンテスト2016 最終審査会結果

12月3日(土)4日(日)に開催された神戸ファッションコンテスト2016 特選受賞者5名が決定いたしました!
ご来場頂きました方々、誠にありがとうございました。
(審査結果ページは後日更新予定)
-第43回神戸ファッションコンテスト2016 最終審査会結果-
*特選5名:留学校奨学生として本科1年間の留学資格を付与
副賞:ペンタブレット「Intuos Pro Special Edition」(株式会社ワコム製)
********************************************************
●パリ・クチュール組合学校
内村 円悠 (文化服装学院卒)「Craftsmans Luxurizm」
●エスモード・パリ
松永 駿 (名古屋ファッション専門学校)「9D」
●アカデミア・コストゥーメ・エ・モーダ
斉藤 純平 (エスモード・ジャポン 東京校卒)「少年よ大志を抱け」
●ノッティンガム芸術大学
小宮 みこ (バンタンデザイン研究所 大阪校卒)「ENGI」
若生 隆人 (文化服装学院)「Second Skin.」

_mg_2241


PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る