第44回 神戸ファッションコンテスト2017

審査要項
一次審査
7月21日[金]
会場:アリストンホテル神戸
デザイン画、ポートフォリオ、応募用紙による書類審査を行い、15名を選出します。
最終審査
12月2日[土]・3日[日]
会場:神戸ファッション美術館 オルビスホール
展示形式での面接審査とショー形式のウォーキング審査を行い、特選5名を決定します。

提出物:実物作品3点、デザイン画3枚、ポートフォリオ

  • ※最終審査会に参加された特選受賞者以外の方には、作品制作費補助として2万円を支給します。
    但し、交通費・宿泊費は自己負担となります。
審査委員 & メッセージ

審査委員長
齋藤 統[さいとう おさむ]
パリ AECC社[Asian European Consulting Company]/NO SEASON社 社長

"君達の才能のチャレンジは、世界が相手だ"

PROFILE リヨン大学留学のため73年に渡仏し以来パリ在住。ヨウジ・ヤマモト インターナショナル・デザイナー・グループのフランス支社であるYohji Europe社社長(1980年から15年間)をはじめ、Joseph Japon(ジョゼフ・ジャポン)取締役代表、パリコレデザイナー、マルセル マロンジユの為の会社 EXIL社社長、メンズプレタポルテのサロンを主宰するCasabo(カサボ)社社長、イッセイミヤケ・ヨーロッパ社社長などを歴任。その間長年にわたり、日仏企業や学校などの情報交換や提携推進に尽力するとともに、ショールームなどの活動を通じてクリエイターやデザイナーの支援を行ってきた。これらの功績に対し、2008年にフランス政府から芸術文化勲章が授与されるとともに、近年は日本のファッション産業人材育成機構(IFI)の講師も務め、2010年4月には神戸芸術工科大学客員教授に就任。

審査委員
菱沼 良樹[ひしぬま よしき]
ファッションデザイナー[Yoshiki Hishinuma Couture]

"コンテストに応募することで、自分なりの服の作り方、コンセプトの立て方を学んでほしい。そして学生時代に自ら学んだ方法が未来においてもきっと役に立つでしょう"

PROFILE 仙台生まれ。1992年に “ヨシキヒシヌマ” ブランドを立ち上げ、パリにてコレクションをスタート。世界各国のオペラ、バレエ、映画の衣装を手がけると同時に展示会を各地で開催。2012年にパリ・オートクチュールコレクションで “YOSHIKI HISHINUMA COUTURE” を発表。現在、オートクチュールを中心に作品の製造、販売を行う。1980年日本テレビ大賞、1983年毎日ファッション大賞新人賞、1996年毎日ファッション大賞受賞。
YOSHIKI HISHINUMA COUTURE 
http://www.yoshikihishinuma.co.jp/

審査委員
江角 泰俊[えずみ やすとし]
ファッションデザイナー[Yasutoshi Ezumi]

"ファッションへの熱意を持ち、クリエイションと真摯に向き合う、そしてファッションデザインを楽しむ
シンプルで実直な思いが世界への道を切り拓きます"

PROFILE 1981年広島生まれ。ロンドン、セントラルセントマーティンズ美術学校卒業。アレキサンダーマックイーン等コレクションブランドで経験を積む、2008 SS / AW アクアスキュータム にてニットウェアデザイナーを務める。帰国後2010 AWよりファッションブランド Yasutoshi Ezumi を立ち上げる。JFW主催の第3回SHINMAI Creator’s project に選出される。2011AWより東京コレクションにて発表。第13回ベストデビュタント賞 ファッション部門 受賞。 第6回DHLデザイナーアワード受賞。第1回DHL/IMG 主催 DHL exported コンペティション NY部門 ファイナリスト。2015年 New York,Parisにて海外展示会を開始。Vogue Italiaにヤングタレントデザイナーに選出されミラノファッションウィークにて発表。

審査委員
寺澤 真理[てらさわ まり]
(株)三越伊勢丹 婦人・子供・婦人雑貨統括部 新宿婦人・子供商品部 TOKYO解放区 バイヤー

"ファッションとは、人生を豊かにし、人を楽しく・素敵に・HAPPYにしてくれるもの。未来に向かって進み、未来を解放していくような、そんな可能性ある新たな才能に出会えることを、とても楽しみにしております。"

PROFILE 伊勢丹新宿店【TOKYO解放区】バイヤー。2012年から再開発準備チームとして、2013年3月新宿店婦人服再開発OPENの立ち上げに携わり、【TOKYO解放区】のショップのブランディングから企画立案など、ショップ立ち上げに携わる。現在もバイイングは勿論のこと、企画ディレクションからイベント立案・ブランディング・PR戦略までトータルで手掛け、【TOKYO解放区】から日々新たなる価値・ファッションの楽しさを提案・発信している。

海外特別審査委員
海外留学校より4名の審査委員が来日します。(最終審査会のみ)

PCサイトを見る

スマホサイトへ戻る